行こう !元気な福島へ

福島の有機農産品を味わってみませんか

私たちは生産者との交流の中で、その生き様や農産品に感動しました。あなたにも、ぜひ感動を味わっていただきたい。そして、その農産品を食べていただけたら嬉しく思います。感動を味わおう!
つながらんしょネットとは

福島人と日本全国の方々の心をつなげたい

福島人と日本全国の方々の心をつなげたい

私たちは元気な福島を取り戻すために、頑張っている福島人と日本全国の多くの方々の心を多方面からつなげたいと活動する集団です。

"つながらんしょ"は福島の方言で繋がりましょうという意味です。福島には真摯に、安全で環境に優しい有機農業にこだわって来られた生産者の方々がいます。私たちは、その生産者農産品を知っていただき、食べていただけるよう、生産者との交流や農業体験、田舎だから出来る農家民泊、有機野菜を使った料理体験など、消費者の目線での活動を企画・実施しています。

なかま

つながらんしょネットが支援する農家・団体と、連携活動する団体など。

支援

連携活動

関係機関

facebook

トップ > 活動実績 > 農業体験と生産者さんとの交流

活動実績

農業体験と生産者さんとの交流

「農業体験と生産者との交流」ぷらす「でんでらキャラバン」

2013.07.27

平成25年度活動実績

  • 実施日
    7月27日〜28日
  • 場所
    二本松市東和地区

福島県二本松市(岳温泉と東和地区)に於いて、7月27日(土)〜28日(日)の2日間にわたり楽しい夏の事業を行いました。

はじめの予定では農業体験と綿花畑の草取り、夏野菜の収穫体験を行う予定だったのですが、長引く梅雨に阻まれて、急遽、2日前の夜に内容を変更して皆さんへお伝えし、当日、指定の集合場所へ集まっていただきました。
福島駅西口では、出発時間(13時30分)の15分前から雷雨が襲いましたが、参加者の皆さんには豪雨の中をバスへ乗っていただきました。

全員揃ったところで最初の会場、岳温泉・あづま館へ向かいました

(参加者数)
・首都圏から 9名  ・福島県内から 20名  ・地元の農家 6名  ・総数 35名
  ※地元農家の皆さんは主に首都圏からの移住して就農した方です。


■出店・・・・・・写真を取れなかったのですが、次の事業所様にお店を出していただきました。お忙しいところ、ありがとうございました。

・あべき(株)
http://www.abekiclub.com/index.html

・ななくさ農園
http://nanaxsa.web.fc2.com/

・わ田や合同会社
http://wataya07.web.fc2.com/

・GNS
http://www.global-n-s.co.jp/


■関連ページ
・きぼうのたねカンパニー(株)
http://kibounotane.jp/index.html

・隠津島神社
http://okitushima.com/


■事務局から

今回の事業は、つながらんしょネットの初めての宿泊を伴う事業でしたが、お料理を全面的に作っていただいた”ハーモニー”の皆さんをはじめ、地元の皆さん、講師の皆さん、でんでらキャラバンのご協力があって運営ができました。関係者の皆様に感謝と御礼を申し上げます。

交流会では美味しいお料理(料理のテーマは田舎の夏休み)をいただきながら里山の農村で醸造した地ビールを味わい、参加者同士が楽しく交流を行うことができました。

(交流会のメニュー)
☆ざくざく汁(二本松の郷土料理) ☆いんげんのじゅうねん和え ☆切り干し大根の中華風サラダ ☆子じゃがいもの味噌炒め ☆ナスの煮浸し ☆甘辛チキン ☆おむすび4種(シソの実・五目ごはん・ごま昆布・大根葉のしらす) ☆トマトジェラート ☆麦茶 ☆ハーブウォーター


また、普段は見ることのできない醸造工場とか地下室、育成中の葡萄を見ることができました。

また、首都圏から参加申込みした遠方の皆さん、福島県内から参加申し込みをした皆さん、誠にありがとうございました。今後もさまざまな事業を企画して参りますので、ぜひ、参加していただきますようにお願い申し上げます。

  • オリエンティーション(岳温泉・あづま館)  林代表から説明 
  • 岳温泉・あづま館女将から「浪江町からの避難者に寄り添って」のお話を
  • 森川副代表の挨拶(二本松市東和 隠津島神社 参宿所の食堂)
  • 安部千代さんが語る、東和で13代続く安部家の農と暮らし
  • 交流会。有機野菜を使った郷土料理などをいただきながら和やかに。
  • 東和の農家、関さんが醸造した地ビール
  • 地元生産者を紹介(ほとんどの方が移住しての新規就農者です)
  • 隠津島神社
  • 隠津島神社 参宿所の外観(このような施設があるのは珍しいです。)
  • 2日目の朝食(地元で作ったパンと野菜)
  • 夢ワインの葡萄畑(数年後にはこの葡萄からワインを作ります)
  • ふくしま農家の夢ワイン(株)の本社と工場
  • 森川副代表の挨拶
  • 関元弘さん(ななくさ農園)の講演「一粒の麦、ひと房の葡萄にかける夢」
  • ふくしま農家の夢ワイン(株)の地下室(灯りの方が入り口)
  • 菅野瑞穂さん(きぼうのたねカンパニー(株))の講演「東和地区復興への思い」
  • 渡部八重子さん(ふくしま民話茶屋の会会長)の民話「福島の昔話」
  • 昼は特製のカレー(たくさんのトマトから作った”夏野菜のトマトカレー”)
  • でんでらキャラバンコンサート(おおたか清流さんとほかの皆さん)

戻る